スネーキーのBLOG/CALL ME SNAKY

魂のロッケンロールを提唱する三多摩グラム系ロックンロールギタリスト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週末にキスをしようぜ!

廻るおじさんの話

どこの町にもいるだろう。
怪人と呼ぶにはちょっと大げさすぎる
だけど一風変わった変人の存在。

俺が生まれ育ったH市にも「それ」はいた。
子供たちはみなそれを「廻るおじさん」と呼んでいた。

「廻るおじさん」は一見普通のおじいさんなのだが
そうだなぁ晩年の天本英世をちょっとマイルドにした感じというか。
しかしその特徴は動きにあった。
一歩二歩、ヨタヨタと歩き出すたびにその場に留まりながら
足だけを動かしトコトコと身体の向きを360℃ゆっくりと回転させ
また歩き出すとすぐに廻る…
ヨタヨタグルグル、ヨタヨタグルグル…
牛歩のようなスローな動きでヨタヨタグルグルと町を徘徊していたのであった。

そんな行動を日がな繰り返し、時には学校の校庭にまで侵入してくることもあった。
子供たちの中では当然すぐに「あのおじいさんは何者なんだろう?」と話題になった。
そのうち誰かが「あのおじいさんは山をパトロールして廻っているのだ。ほらごらん。右手にいつもナイフを持っているだろう?あれは何かあったときのために持っているのさ」
と言い出しいつの間にかそれが真実らしいということで広まった。
そう、H市は自然に恵まれた環境であったし(学校の裏にはいわゆる裏山というものがあった)
おじさんの手には確かに鋭利なナイフがいつも握られていたのだ。

そんなわけでおじさんの存在は大人はどう思っていたかは知らないが
平和な町の象徴として子供たちの中では認識されていた。
いつの世も子供は無邪気でバカな物である。
そしてその考えが大きな過ちであったことを知るのだ。

…廻るおじさんの血の惨劇からちょうど16年
そんなことを思い出してしまった。


まぁそんな話はどうでもいいのですが。

月曜日MILKY SWEETライブやります!

4月21日(月)
吉祥寺ROCK JOINT GB
『69 Paradise』
出演:MILKY SWEET / SIXTEEN / THE BELGA
OPEN:18:30 START:19:00 ADV\2,500- DAY\3,000-


まぁそれもそうなんだけど!

本日ロマンチック飛行船ライブやります!

◆4/19(sat)渋谷ソングラインズ
ロマンチック飛行船 / ...and more
Open 18:30 / Start 19:00
ADV 2,500円 / DOOR 3,000 円(drink代別途必要)


さぁみんな来てくれるかなー?

え?「どっちも」だって?
ありがとう!

え?「どっちも『行かない』」だって!?

そりゃないぜオロローン!
(特にオチはありません)


スポンサーサイト

コメント:

この記事へのコメント:

廻るおじさん、ナイフを持ってたっていうのが地味に怖いんですが…?
今なら絶対通報されてますね!!
どこの町にも都市伝説みたいな人物っているものですね。私の住んでる町にもいます。

>まぁそんな話はどうでもいいのですが

結構重要POINT-MODE(TぅT)
コメント:を投稿する
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL

⇒ http://snakyc.blog.fc2.com/tb.php/301-1fedd3aa

この記事へのトラックバック:

ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。